スポンサーリンク

【確認必須】愛犬にお留守番をさせる前に必ず確認したい5つのこと

犬と暮らす

どのような生活スタイルであったとしても、愛犬だけでお留守番をしてもらう機会ができてしまいますよね。

人間が暮らしているおうちの中は、愛犬にとっての危険がたくさん潜んでいますので、飼い主も愛犬も安心して過ごすことができるように環境を整えることが重要です。

今回は、お留守番させる前に必ず確認したい5つのことをご紹介していきます。

この記事はこんな方におすすめ

・長時間お留守番させることがある

・お留守番にあまり慣れていない

もし、愛犬の分離不安の症状によりお留守番させることにお困りであれば、こちらをご覧ください。筆者が飼っているマルプーのラテも分離不安でしたが、克服することができました。

スポンサーリンク

室温は大丈夫?

一般的にワンちゃんが快適に過ごせる気温は22度、湿度は60とされています。そのため、夏場や冬場などは、室内であっても温度管理が重要です。

夏場は冷房を点け、冬場は暖房器具で部屋を暖めておかなければいけません。このような対策をしていないと、熱中症に陥ったり、寒さで体調不良を引き起こす恐れがあります。

夏は、いくらクーラーをつけていても直接日差しを浴びてしまうと熱中症を引き起こしてしまう可能性があることに注意が必要です。

朝、昼、夕方と、太陽の位置が変わり、日差しの入り方も時間と共に変化していきます。どの時間帯にも強い日差しが入らないよに対処してからお出かけするのが賢明です。

朝にはそんなに暑くなかったためにエアコンをつけずに家を出てしまって後悔したことがある方も多いと思いますが、そんな方にはスマホで家電を遠隔操作できるスマートリモコンがおすすめです。

詳細についてはこちらの【ペットも安心】外出先からエアコンを操作できるスマートリモコンのメリット・デメリットをご覧になってください。

階段は大丈夫?

留守番中に家中を自由に行き来できるようにしている場合、階段を自由に上り下りできるようにしておくとかなり危険です。

普段上り下りできている犬であっても、留守番中に足を滑らせて落下しないとは限りません。飼い主のいない間に落下し、全身を強く打ってしまったり、骨折や足を怪我してしまった場合、打ち所が悪いと死に至る危険性もあります。

このような場合にはペットフェンスを設置することが効果的となります。

市販のものでなくても、ダイソーの100円均一グッズで遜色ないペットフェンスをつくることができます。市販品のものと比べるとかかる費用は5分の1程度で済みます。

詳細についてはこちらの【100円均一】ダイソーの商品だけで超優秀なペット用フェンスをつくる方法【総額600円】をご覧になってください。

こちらに動画がありますので、ぜひ併せて参考になさってください。

万が一参考になった場合にはこちらからチャンネル登録していただけると励みになります。

キッチンは大丈夫?

最近、犬による火災トラブルが増えているようです。その原因は、好奇心から、ガスコンロやIHコンロを触ってしまい、偶然にも火や電気が通ってしまったというケースが多いです。

愛犬の怪我や火事に繋がる非常に危険なケースなので、ガスコンロの場合は元栓を必ず閉めるようにし、愛犬がキッチンに入れない環境作りを工夫して行いましょう。

このような場合にもペットフェンスを設置することが効果的となります。キッチンに落ちていたネギや玉ねぎなど、ワンちゃんが食べちゃいけないものの拾い食い防止にもつながります。

こちらの【100円均一】ダイソーの商品だけで超優秀なペット用フェンスをつくる方法【総額600円】もご覧になってください。

誤飲しそうなものない?

ワンちゃん用のおもちゃでも、小さいものは誤飲の可能性があります。それを、愛犬の手が届く場所に置いておくのは危険が伴います。

お留守番中に誤飲してしまい、窒息してしまった場合、飼い主が気付けないため、最悪の事態を招いてしまう危険性があります。

また、誤飲したことに気づかず数日たってから嘔吐や元気・食欲の消失などの消化管閉塞の症状が起こることもありますので注意が必要です。

お留守番中に万が一体調が悪くなってしまった場合に備えて、ペットカメラを設置しておくことも飼い主の不安を取り除く一つの方法です。

詳細についてはこちらの【愛犬のお留守番をスマホで確認】安心できるおすすめペットカメラ3選をご覧ください。

いたずらしたくなるものない?

ゴミ袋を中身が入っているまま置いておいたり、いたずらしやすいような環境も危険が伴います。

いたずらをすることで引き起こされるトラブルは非常に多いです。例えば、ゴミ箱を漁っている最中に、ゴミを誤飲してしまったりという事故が起こりやすく非常に危険です。

自分が使用している薬なども愛犬にとっては毒となります。食後に飲みやすい様、取り出しやすい場所に置いておくと愛犬にも届きやすくなってしまいますので注意が必要です。

このようなトラブルを防ぐためにも、不必要なものや愛犬が誤飲誤食しやすい物は、届く場所、目に付く場所に置かないようにしましょう。

まとめ

以上で、お留守番させる前に必ず確認したい5つのことをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

・室温は大丈夫なのか

・階段は落ちないようになっているか

・キッチンには入れないようになっているか

・誤飲しそうなものが落ちていないか

・いたずらしたくなるものはないか

この上記の5つのことをチェックしてからおうちを出るようにしてください。

おうちの中には危険がたくさんありますので、しっかり取り除いて、愛犬も飼い主も安心できる環境を整えてあげてくださいね。

スポンサーリンク
プロフィール
lattemille

愛犬を愛しすぎている人に向けてのお役立ち記事を執筆中です。
愛犬におもちゃでも買ってあげようとブログを開設し、3週間でアドセンス合格、1か月で収益化達成、4か月で月間6000PV、月間ユーザー1700人、検索順位1位を記録しました。継続は力なりですね!

SNSのフォローしていただけると嬉しいです
犬と暮らす
スポンサーリンク
SNSのフォローしていただけると嬉しいです
ラテミルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました