スポンサーリンク

【しっかり選ぼう】首輪とハーネスそれぞれのメリット・デメリット

犬と暮らす

お散歩するときに必ず必要になってくるものが、首輪やハーネスです。これらは愛犬と飼い主との気持ちをつなぐ、大切なアイテムです。そこには愛犬との信頼関係がもちろん必要ですが、犬種や性格によっては首輪が良いか、ハーネスが良いのかが分かれてきます。

今回は、首輪とハーネスのメリットとデメリットをご紹介します。愛犬にぴったりのアイテムを選んであげてください。

この記事はこんな方におすすめ

・愛犬のお散歩デビューで迷っている

・首輪を使っているがハーネスも気になっている

スポンサーリンク

首輪の特徴

合成皮革やナイロンなどの素材多いですが、首の負担を減らすため、柔らかい素材で作られたものも出てきています。

デメリット

飼い主がリードを引っ張った際に、首に負荷がかかってしまうのがデメリットです。

とくに首に疾患がある場合や、器官呼吸器系が弱いワンちゃんの場合は症状を悪化させる原因になりかねないため首輪の使用は避けた方よいです。

フレンチブルドッグなどの力が強く、重心が低くて引っ張り癖のあるようなワンちゃんや、パグなどの短頭種は呼吸器が弱いので、そこに負担がかかるような首輪は避けたほうがよいかもしれません。

メリット

一番のメリットと言えば、散歩中に飼い主からの意思を伝えやすいことです。そのため、指示を出す必要のあるトレーニングをするときには首輪を使用します。

愛犬の首に常時装着していても負担になりにくい点や、散歩の前後に付け直しがいらないので飼い主が楽になれるというのもメリットですね。

ハーネスの特徴

胴輪とも呼ばれるように、胴回りを固定するため、リードを引っ張ったときの圧力が分散され、ワンちゃんの体への負担が最小限になるよう作られています。

洋服のように着せる可愛いタイプのハーネスもたくさん販売されているので、どのハーネスが似合うかなと考える楽しみもあります。

ハーネスをどうしても嫌がってしまうワンちゃんへ、ハーネスをつける方法はこちらの【実体験あり】ハーネスや首輪を嫌がる犬にハーネスや首輪をつける3ステップにありますのでお困りの方はぜひお読みください。

デメリット

引っ張り癖の強いワンちゃんは、ハーネスを使用してしまうと、体への負担が分散されるため、痛みに気づかぬまま引っ張り続けてしまい、引っ張り癖が直りにくいと言われています。

また、ワンちゃんが後ずさりをするとハーネスが抜けやすくなる点も大きなデメリットです。種類がたくさんあり、首輪にくらべて構造が複雑であり、そのハーネスの種類によって装着方法が違うので、ちゃんと把握しておかないと思わぬ事故につながるので注意が必要です。

特に、ミニチュアダックスフンドやコーギーといった足の短いワンちゃんはハーネスが抜けやすいため、ハーネスは避けた方が賢明です。

メリット

ハーネスは首への負担が軽減されるため、気管や呼吸器、首に疾患がある場合でも使用することができます。また、呼吸器が狭いという特徴を持つパグなどの短頭種のワンちゃんの場合も、ハーネスを選ぶことが多いようです。

シニア犬や足腰が疾患があるワンちゃんに向けて、歩行の手助けができるハーネスも販売されています。

まとめ

以上で、今回は首輪とハーネスのメリットとデメリットをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

首輪かハーネスかによらず、お散歩におけるリードは愛犬と手をつなぐようなものですので、大切な愛犬の安全を守るために、しっかりと準備してあげましょう。

こちらにSNS映えするハーネスや首輪がたくさんありますのでご興味があれば覗いてみてください。

チワワ服・トイプードル服など小型犬専門【moncheri(モンシェリ)】

この記事の他にも、こちらに愛犬と暮らしていく中で役に立つ記事を書いていますので、ぜひお読みになってください。

スポンサーリンク
プロフィール
lattemille

愛犬を愛しすぎている人に向けてのお役立ち記事を執筆中です。
愛犬におもちゃでも買ってあげようとブログを開設し、3週間でアドセンス合格、1か月で収益化達成、4か月で月間6000PV、月間ユーザー1700人、検索順位1位を記録しました。継続は力なりですね!

SNSのフォローしていただけると嬉しいです
犬と暮らす
スポンサーリンク
SNSのフォローしていただけると嬉しいです
ラテミルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました