【効果絶大】超簡単に作れる安全な無駄吠え防止しつけグッズのつくり方

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
犬と暮らす
スポンサーリンク

愛犬の無駄吠えがなかなか直らなくて困っていないですか?筆者も集合住宅でマルプーを2頭飼っていたため、無駄吠えには悩まされました。

小型犬は、小型である分、日常で出会う人やものに恐怖感やストレスを感じやすいため、無駄吠えが多いと言われています。

何とかしたいと思っても、売っている無駄吠え防止グッズは微量な電気を流したり、スプレーを吹きかけてみたりと「本当に大丈夫?」というグッズが多いですよね。

ラテ
ラテ

そうそう、あのグッズ、僕こわいよ!

ミル
ミル

ママとどっちが怖い?

ラテ
ラテ

・・・ま、ま・・・あのグッズ!!!!!!!!!

ということで、今回は自分で超簡単に作れる安全な無駄吠え防止しつけグッズのつくり方を解説していきます。

この記事はこんな方におすすめ

・無駄吠えに悩んでいる

・市販の無駄吠えグッズに抵抗がある

無駄吠えの原因

犬は吠えることでコミュニケーションをとる動物なので吠えることは当たり前です。

しかし、どうしても無駄吠えをすると近所迷惑になってしまい、飼い主の精神衛生上良くないです。

吠えてしまうといわれている場面が大きく2つあります。

大きな音に吠える

雷や、風の音、市の放送、インターホンなど普段あまり聞きなれない音に対して、恐怖や不安を感じてしまい、吠えてしまうことがあります。

何かが欲しくて吠える

ご飯が欲しいとき、おかしが欲しいとき、遊んで欲しいときなど飼い主に要求を通そうとして吠えてしまうことがあります。

毎日愛犬の要求を素直に聞いてしまっていると吠えるようになってしまうようです。吠えればおやつがもらえる、遊んでもらえると学習してしまったのです。

無駄吠え防止しつけグッズのつくり方

以下で、無駄吠え防止しつけグッズのつくり方をご紹介していきます。

材料

・空の500mlペットボトル   

・ビー玉   20~30個

ペットボトルにビー玉を入れる

愛情を込めてビー玉を1個ずつ、1個ずつペットボトルに入れていきます。

ペットボトルのキャップを閉める

キャップをしっかり閉めましょう。麦茶を飲んだのがばれてしましましたね。

これだけで完成です!

無駄吠え防止しつけグッズの使用方法

以下で、無駄吠え防止しつけグッズの使用方法をご紹介していきます。

近くでジャラジャラ鳴らす

犬

吠えたら、「静かにっ!」と言いながら、近くでペットボトルを振ってジャラジャラ鳴らすと泣き止みます。

高いところからペットボトルを落とす

犬

吠えたら、「静かにっ!」と言いながら、近くにペットボトルを落として音を鳴らします。

愛犬に当たらないように注意してくださいね。

無駄吠え防止しつけグッズの効果

「無駄吠え」→「静かにっ!の言葉」→「ジャラジャラの嫌な音」という、一連の流れを繰り返すことにより、愛犬は無駄吠えをやめるように促す言葉だけで、吠えるのをやめるようになります。

一見、愛犬がかわいそうに見えますが、電流を流したり、スプレーを吹きかけたりするよりはよいかなという個人的な意見です。

最終的には、「静かにっ!」という言葉だけで、無駄吠えを軽減できるようになるのでおすすめです。

無駄吠え防止しつけグッズのまとめ

以上で、自分で超簡単に作れる安全な無駄吠え防止しつけグッズのつくり方を解説しました。

ラテ
ラテ

効果は犬それぞれだと思うけど、試す価値はありだよね!

ミル
ミル

僕たちみたいに効くかもしれないしね!

無駄吠えは、ご近所と飼い主のストレスにもなりますし、なんとかやめさせたいのですが、愛犬にかわいそうなグッズしかないのが現実です。

今回の方法は、最終的には、言葉だけで無駄吠えを軽減できるようになるのでおすすめですので是非試してみてください。

他にも、愛犬との暮らしの中でのお役立ち記事がこちらから読むことができますので、ご興味あればぜひお読みになってください。

ラテミル
ラテミル

ぜひ、こちらをクリックしてぼくたちを応援してね!

にほんブログ村 犬ブログ マルプーへ
にほんブログ村

フィラリアについて知りたい方はこちら
ノミ・ダニ駆除薬について知りたい方はこちら
プロフィール
lattemille

愛犬を愛しすぎている人に向けてのお役立ち記事を執筆中です。
2021年5月から始めたラテミルブログは3週間で収益化達成! 月間1.5万PV!広告掲載やライターのお仕事の相談はお気軽にお問い合わせください!

SNSのフォローしていただけると嬉しいです
犬と暮らす
スポンサーリンク
SNSのフォローしていただけると嬉しいです
ラテミルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました