スポンサーリンク

【マルプー2頭の飼い主が思う】マルプーのペット保険の確認ポイント3選

マルプーのペット保険犬と暮らす

ペット保険に入ろうと思っているんだけれど、保険会社が多くて何を比較すればいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか?

とりあえずペットショップに勧められるままにペット保険に入ってしまうと、高い保険料を支払っているのに、大事な保険を使いたい場面でふたを開けてみたら保険対象外だった。みたいなことにもなりかねません。

今回は、そんな方のためマルプーのペット保険を比較検討する際の確認ポイントを3つご紹介します。

ペットの万が一に備えるためには、さまざまな観点で検討することも必要ですので是非、ご覧ください。

この記事はこんな方におすすめ

・これからワンちゃんをむかえようと思っている

・ペットショップに言われるがままに保険に入ってしまった

マルプーの特徴についてはこちらに詳細がありますのでご覧ください。

スポンサーリンク

マルプーのペット保険の確認ポイント3選

補償の内容と範囲

一番大事といっても過言ではないのが、この「補償の内容と範囲」です。この部分をきちんと知っておかないと、いざ保険を使おうとしたときに対象外だったという最悪の展開を迎えることになります。

基本的には、ワクチンの接種費用や去勢・避妊手術などは、補償の対象外となる場合がほとんどです。

動物病院で行った処置が、「治療」なのか「予防」なのかが補償の対象となるかどうかの大きなポイントとなります。

膝蓋骨脱臼(パテラ)が対象かは要確認

親であるトイプードル、マルチーズ両方とも先天的に、ひざのお皿が内側または外側に外れてしまう状態になってりまう膝蓋骨脱臼になりやすい犬種なので、マルプーも膝蓋骨脱臼になりやすいです。

症状によっては、手術が必要となり、医療費もかなり高額になってしまいます。

「膝蓋骨脱臼(パテラ)」は保険会社によって、対象外の場合がありますので注意が必要です。

更新時の条件

保険会社によっては、前年にかかった病気によって、保険の更新を断られたり、その病気が補償の対象外になってしまうことがあります。

また、1つの傷病に対する保険金請求が「○回まで」という回数制限がある場合もあります。

万が一、飼っている子が慢性的な疾患にかかってしまったときに、安心して動物病院に通い続けることができる保険を選んであげてください。

窓口で清算できるか

ペット保険の保険金の請求方法は、基本的に「窓口精算」と「直接請求」に2パターンがあります。

窓口精算

動物病院の窓口で保険証を提示すれば、お会計時に保険による補償分を除いた診療費のみの支払いで済むという請求方法です。

後から書類を書いて送るという手間が無いので、とても便利です。

この場合、対応できる動物病院とそうでない動物病院がありますので注意が必要です。

直接請求

動物病院の窓口で診療費を全額支払い、後ほど、保険金請求書類を記入して保険会社に郵送する請求方法です。

窓口精算と比べると少々手間が掛かりますが、ペット保険の保険金請求方法は基本的にこちらの「直接請求」になります。

保険会社によって必要書類の取り寄せ方法に違いがあり、WEBで簡単にダウンロードできたり、毎回電話などで取り寄せる必要がある保険会社もあります。

まとめ

以上で、マルプーのペット保険を比較検討する際の確認ポイントを3つご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

・補償の内容と範囲 【 膝蓋骨脱臼(パテラ)が対象かは要確認 】

・更新時の条件

・窓口で清算できるか

以上の3つのポイントをしっかり確認して、便利に保険を使えると良いですね。

愛犬に万が一のことがあった時に、その時できる最大限のことができるようにしておくのが安心です。

お金のために、最善の策を施してあげられないと後悔してしまわないように、ペット保険には正しく加入することをおすすめします。

ペット保険を比較する際にはこちらの複数の保険会社に一括でペット保険の資料請求ができる保険スクエア bang! がおすすめです。

公式ページはこちらから

保険スクエアbang! ペット保険
スポンサーリンク
プロフィール
lattemille

愛犬を愛しすぎている人に向けてのお役立ち記事を執筆中です。
愛犬におもちゃでも買ってあげようとブログを開設し、3週間でアドセンス合格、1か月で収益化達成、4か月で月間6000PV、月間ユーザー1700人、検索順位1位を記録しました。継続は力なりですね!

SNSのフォローしていただけると嬉しいです
犬と暮らす
スポンサーリンク
SNSのフォローしていただけると嬉しいです
ラテミルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました