マルプーが突然死(急死)する原因とは?詳細な原因と突然死を予防する方法を徹底解説!

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
マルプー
スポンサーリンク

愛犬の突然死は、飼い主にとって非常に辛く悲しい出来事です。

特にマルプーのような小型犬は、体が小さい分、健康上の問題が急に現れることもあります。

ラテ
ラテ

いやだよー、怖いね!

ミル
ミル

うん、僕もラテと家族とずっと一緒にいたいよ!

本記事では、マルプーが突然死する可能性のある原因と、その予防方法について詳しく解説しています。

突然死についての理解を深めることで、愛犬と過ごす日々をより大切にし、可能な限りリスクを減らすための対策を講じることができます。

愛犬との時間はかけがえのないものです。

ぜひ、本記事を最後までご覧になって、愛犬の健康管理に役立ててくださいね。

この記事はこんな方におすすめ

・愛犬に長生きしてもらいたい

・突然死の原因を知りたい

マルプーを飼う前にこちらの動画も併せて参考にしてくださいね。

突然死(急死)とは?

突然死(急死)とは、事故やケガがない状態で健康に見えた愛犬が、予期せずに急に命を落としてしまうことを指します。

この状態は、発症から24時間以内に起こる死をさしており、マルプーを含む多くの犬種で見られる現象です。

愛犬がいつも通りに過ごしていたにもかかわらず、突如としてこの世を去ることは、飼い主にとって計り知れないショックと深い悲しみをもたらします。

中には、ペットロス症候群に陥り、日常生活に支障を来たす方も少なくありません。

突然死の背景には、様々な病気や中毒状態が隠れていることがあります。

表面上は健康に見えても、内部で進行している疾患が原因で命を落とすケースもあるため、定期的な健康チェックが極めて重要です。

犬との別れは避けられないものですが、原因や予防法を知ることで、愛犬との幸せな時間を少しでも長く保つ努力ができます。

また、万が一の時には、飼い主としてしっかりと愛犬を見送る準備をしておくことが大切です。

マルプーが突然死(急死)する原因

犬が突然死(急死)する原因は、心臓病やショック死などの内的要因から、外的要因に至るまで多岐にわたります。

それぞれの原因について、以下で詳しくご紹介します。

心臓病による急死

心臓病は、マルプーを含む多くの犬種で見られる健康問題の一つです。

心筋症や弁膜症など、心臓に負担をかける病気が悪化すると、心発作を起こし急死に至ることがあります。

特に運動やストレスが原因で心臓に急激な負荷がかかった場合、病状が急激に悪化することがあります。

心臓病は早期発見が難しいため、定期的な健康診断でのチェックが重要です。

ショック死

ショック死は、極度のストレスや体への過剰な負荷によって引き起こされます。

例えば、夏場の暑さや花火の音による驚きが原因で心臓が突然停止することもあるのです。

特に心臓が弱い犬や体力が落ちている犬がリスクを抱えています。

予期せぬ事態に備えて、愛犬のストレスを最小限に抑える環境を整えることが大切です。

低血糖による急死

低血糖は、特に子犬や超小型犬に多く見られる原因の一つです。

長時間食事を摂らないことで血糖値が危険な低さになり、体の機能が停止してしまうことがあります。

この状態が続くと急死につながることも。定期的な食事の提供で低血糖を防ぐことが可能です。

脳の病気による急死

脳に影響を及ぼす病気や、頭部への強い衝撃が原因で急死することもあります。

脳の病気は、脳の機能に直接影響を与えるため、急激な症状の悪化を引き起こすことがあるのです。

定期的な健康チェックと、日常生活での安全対策が重要となります。

胃捻転による急死

特に大型犬に多い胃捻転は、胃がねじれて食物やガスが胃内に閉じ込められ、血流が遮断されてしまう状態を指します。

激しい運動や食後すぐの活動は胃捻転を引き起こすリスクを高めます。

予防策としては、食後の激しい運動を避け、食事は一日に複数回に分けて少量ずつ与えることです。

急性中毒による急死

犬が有毒な植物や食品、薬物などを誤って摂取した場合、急性中毒を引き起こし急死に至ることがあります。

特にチョコレート、ブドウ、キシリトールを含む食品、一部の観葉植物などは犬にとって極めて有害です。

飼い主は危険物質を犬の手の届かない場所に保管し、散歩中も犬が何かを口にしないよう注意が必要です。

フィラリア症による急死

フィラリア症は、蚊が媒介する病気であり、心臓や肺への重大なダメージを引き起こし、最悪の場合急死に至ります。

予防策としては、フィラリア予防薬の定期的な投与が効果的です。

フィラリア症の予防は、飼い主が積極的に行うことが愛犬を守る鍵となります。

事故による急死

車道への飛び出しや高所からの転落など、事故も犬の急死の一因です。

愛犬を事故から守るためには、散歩時のリードの使用、高所からの転落防止対策、そして車道への不用意な進入を避けるための訓練が重要です。

子犬は成犬よりも突然死の可能性が高い

子犬は免疫機能がまだ十分に発達していないため、成犬と比較して突然死のリスクが高いとされています。

特に生後数カ月は、母犬から受け継いだ一時的な免疫力に依存していますが、これが6カ月頃には自然に消失してしまいます。

そのため、子犬は感染症にかかりやすく、時には突然死に至ることもあります。

生後2カ月頃からのワクチン接種は、子犬の免疫システムを強化し、感染症から守るために極めて重要です。

しかし、母犬からの免疫がまだ体内に残っている間は、ワクチンによる免疫が上手く形成されない可能性があるため、獣医師と相談しながら適切なタイミングでの接種が求められます。

通常、子犬期には2~3回のワクチン接種が推奨されており、これにより感染症に対する堅固な免疫を構築することができます。

子犬を飼う際は、ワクチン接種のスケジュール管理に注意を払い、適切な時期に接種を完了させることが大切です。

これにより、子犬の健康を守り、突然死のリスクを減らすことが可能になります。

飼い主は、愛犬の健康管理に関して獣医師と密接に協力し、子犬が安全に成長できるようサポートする責任がありますよ。

マルプーの突然死を予防する方法

犬の突然死を防ぐためには、飼い主が知識を持ち、日頃からの注意が必要です。

ここでは、マルプーを含むすべての犬種の突然死を予防するための方法を具体的に解説します。

犬種により突然死しやすい病気を知る

各犬種には特有の健康リスクがあります。

たとえば、ポメラニアンやマルチーズなどは心臓疾患にかかりやすく、ドーベルマンやセントバーナードなど大型犬は胃捻転・拡張に注意が必要です。

飼い主は、自分の愛犬の犬種特有の病気について学び、早期発見・早期治療につなげましょう。

病気の早期発見と治療を行う

日々の愛犬との触れ合いの中で、少しでも異変を感じたら迅速に動物病院へ相談することが重要です。

早期発見には、定期的な健康診断の受診も役立ちます。

また、夜間や休日でも対応してくれる動物病院の情報を事前に把握しておくことも、緊急時の対応をスムーズにしますよ。

子犬の適切なワクチン接種

子犬期は特に感染症からの保護が必要です。

生後2ヶ月頃から適切なスケジュールでワクチン接種を行い、免疫力をつけることが重要です。

ワクチン接種は、子犬の健康を守る最初のステップとなりますので、接種スケジュールは、獣医師と相談しながら計画しましょう。

マルプーが突然死(急死)する原因のまとめ

以上で、マルプーが突然死する可能性のある原因と、その予防方法について詳しく解説してきました。

ラテ
ラテ

原因と対策がわかっていればね!

ミル
ミル

うん、だいぶ違うと思うよ!

愛犬の突然死は、飼い主にとって非常に悲しい出来事となります。

日頃から愛犬の健康管理に気を配り、定期的な健康診断や適切なワクチン接種を心がけることが、愛犬と長く健康に過ごすための鍵です。

また、愛犬との日々を大切にし、たくさんの愛情を注ぐことで、いつか訪れるかもしれない突然のお別れに対しても、「ありがとう」と心から伝えられるようにしましょう。

愛犬への愛情を持って接することが、最も大切な予防策であり、最良の対処法です。

ラテミル
ラテミル

ぜひ、こちらをクリックしてぼくたちを応援してね!

にほんブログ村 犬ブログ マルプーへ
にほんブログ村

フィラリアについて知りたい方はこちら
ノミ・ダニ駆除薬について知りたい方はこちら
プロフィール
lattemille

愛犬を愛しすぎている人に向けてのお役立ち記事を執筆中です。
2021年5月から始めたラテミルブログは3週間で収益化達成! 月間1.5万PV!広告掲載やライターのお仕事の相談はお気軽にお問い合わせください!

SNSのフォローしていただけると嬉しいです
マルプー
スポンサーリンク
SNSのフォローしていただけると嬉しいです
ラテミルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました