スポンサーリンク

人も犬もダメにするビーズソファがすごい!本当に怠惰になってしまったマルプー

犬と暮らす

新しい家に引っ越しまして、ちょっと大きなソファを置くまででもないかなと考え、ビーズソファを購入しました。

使い勝手が良くて重宝していましたが、今やマルプーラテミルの寝床となってしまっています。

ラテ
ラテ

本当に気持ちいいんだよな、これ!

ミル
ミル

うん、最高!これがないと落ち着かないまである!

ということで、人だけでなく犬までもダメにしてしまうビーズソファのメリット・デメリットをご紹介していきます。

この記事はこんな方におすすめ

・普通のソファを置くまでのスペースはない

・犬が走り回れるスペースも確保したい

スポンサーリンク

犬をダメにするビーズソファとは

「犬をダメにするクッション」とは体にフィットするソファのことです。

数年前からブームになっている体にフィットするソファは、あまりの気持ち良さの為から「人をダメにするソファ」と世間から呼ばれるようになりました。

無重力と錯覚するほどの心地よさで、宙に浮いているかのような感覚にまでなってしまいます。

さらに、ダメになるのは購入者だけでなく、購入者のペットにも伝染してしまう現象がここ最近起こっているようです。

そんな現象から、いつからかSNSでは「犬をダメにするクッション」と呼ばれるています。

ビーズソファのデメリット

デメリット

素材によってはストレスが溜まってしまうかも

素材によってはワンちゃんにストレスを与えてしまう可能性があります。

高反発ウレタンのように比較的硬い素材が使用されているものだと、弾力性のあるフローリングのような仕上がりになります。

そして、柔らかければワンちゃんの身体をしっかりと包み込むことができます。

もし、合っていない場合であると、ワンちゃんはリラックスできないので注意が必要です。

匂いで落ち着かなくなるかも

ワンちゃんが苦手とする匂いには個体差もありますが、化学物質が放つ匂いは大抵嫌がります。

そして、場合によってはワンちゃんをただ不快にさせるだけでなく、鼻に強い刺激を与える恐れがあります。

そのため、ソファカバーを洗う際には使用する洗剤を考慮しないといけません。

ビーズソファのメリット

メリット

体調不良を未然に防げる

ワンちゃんがリラックスする際に、フローリングや薄いシートを敷いただけの上に横になると、身体の色々な部分に負担をかける可能性があります。

長時間無理のある体勢をしていると、関節を傷めて歩行に支障が出たり、床との圧迫で血流が阻害されて病気に繋がったりするかもしれません。

そのため、ビーズソファを設置すると、身体を適切な体勢に保ちやすくなるため、負担を軽減させられます。

さらに、ワンちゃん自身がそれを使用するかどうかを判断して、体温を調節するということも可能になるのでおすすめです。

リラックスできる

ワンちゃんのメンタルにも良い効果が期待できます。

また、ワンちゃん自身が体臭を染みつかせることで、安心できるテリトリーにもなります。

部屋の掃除をする際にクッションを邪魔にならないところに置くと、ワンちゃんもそこに移動してくれたりと飼い主にとってもメリットがあります。

ダメにされた犬たち

犬をダメにするビーズソファのまとめ

以上で、人だけでなく犬までもダメにしてしまうビーズソファのメリット・デメリットをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

ラテ
ラテ

そこまで場所も取らないし、便利なソファだよね!

ミル
ミル

めちゃくちゃおすすめだよ!

もちろん、人間も十分リラックスできますし、お留守番中などは愛犬がリラックスしています。

費用対効果としては十分すぎるほど機能しているため、うちでは2つも買ってしまいました。

特に、2人掛けソファを置くスペースがないかな?とお悩みの方にはおすすめです!

ぜひ、一緒に堕落しましょう!

この記事の他にもこちらに愛犬との暮らしの中でのお役立ち記事を書いていますのでご興味があればぜひお読みください。

ラテミル
ラテミル

こちらをラテミルブログの順位が見れるよ!

にほんブログ村 犬ブログ マルプーへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール
lattemille

愛犬を愛しすぎている人に向けてのお役立ち記事を執筆中です。
愛犬におもちゃでも買ってあげようとブログを開設し、3週間でアドセンス合格、1か月で収益化達成、4か月で月間6000PV、月間ユーザー1700人、検索順位1位を記録しました。継続は力なりですね!

SNSのフォローしていただけると嬉しいです
犬と暮らす
スポンサーリンク
SNSのフォローしていただけると嬉しいです
ラテミルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました