スポンサーリンク

【ブログ初心者の挑戦】SEO検定3級に合格するためには何時間の勉強時間が必要か検証【2日目】

挑戦

ブログを運営し始めてから4か月目になりました。普段はSNSからの集客をメインに運営しており、SEOについてはあとから結果がついてくるだろうと後回しにしていましたが、そろそろ勉強しないといけないとネットを眺めていると、ピッタリの「SEO検定」という資格があるじゃないですか。

SEO検定 一問一答 3級対応 2019年版
SEO検定 一問一答 3級対応 2019年版

とりあえず、ブログへの流入を勉強するには3級との記事を見つけたので、さっそく合格ドリルを購入し勉強してみました。

1日目ではさらっと一通り問題を解いて、過去問に挑戦し正答率65%と、合格には15%足りませんでした。

1日目はこちらから読むことができます。

今回は、1日目で間違えた問題や曖昧な用語を復習していくことにしましょう。

この記事はこんな方におすすめ

・SEOについての勉強をしたい

・ブログに関する記事を書いていて専門性が欲しい

スポンサーリンク

SEO検定とは

SEO検定とは「一般社団法人 全日本SEO協会」が認定しているSEOの検定です。1級から4級までに分かれており、それぞれ内容が違います。4級から順に受けていくことでSEOに関して体系的に学べるようになっています。

また全日本SEO協会は会員数500社以上、SEO検定だけではなくセミナーやSEOスクール、コンサルティング等を実施している団体です。

試験の内容と合格率

試験ではSEOに関する全般的な知識が問われ、4級から1級に向かうにつれて試験範囲が広がっていくようになっています

また、試験は1級から4級まで全て選択式試験となっており、試験時間は60分、問題数は80問で共通となっています。

内容2017年度合格率
1級モバイルSEOやローカルSEO87%
2級実際に検索エンジンに高く評価されるコンテンツの作り方86%
3級より実践的なSEO対策の手法91%
4級基礎的な内容から最低限知っておくべき知識89%

合格基準は得点率が80%以上とのみ定められています。そのため、自分さえ頑張ることができれば合格する試験なのできちんと勉強時間を確保してから試験に臨めば誰でも合格することができます。

2日目開始

知っているかどうかだけの問題を復習

世界で初めて使われたブラウザは?

「Mosaic」NCSAから、1993年にリリースされたウェブブラウザである。

インターネットの前身は?

「ARPANET」世界で初めて運用されたパケット通信コンピュータネットワークであり、インターネットの起源でもある。

Googleのアルゴリズムは大きく3つに分類すると?

「企画・人気」「内部要素」「外部要素」

動的ページとは?

PHPや、Perl等のCGIを実行して生成されるWebページのことを動的ページという。

サーチクオリティチームとは

自動によるペナルティの基準では見つからないような不正リンクを見つけるGoogleのマンパワー組織のこと。

よく出てくる用語を復習

トラフィック

webにおいては、データ量だけでなくwebサーバやwebサイトへのアクセス数や閲覧者の流れのことを呼びます。

交通・運輸業界よりもIT業界では、通信回線やネットワークを通じて送受信される情報やその量のことを呼ぶなど、いろいろな業界で使う言葉である。

サイテーション

「引用」「言及」という意味。

SEOの世界では「リンクではない形による、他ページ(他コンテンツ)の参照」を意味するものとして使われることが多い。

・リンクは貼らないがURLをテキストとして記述する
・サイト名をテキストとして記述する

ディレクトリ

ディレクトリとは、ファイルを分類・管理するための概念であり、ファイルを格納する入れ物のこと。

Windowsでは「フォルダ」と呼び、CUIが基本のOSでは「ディレクトリ」と呼ぶのが一般的である。

エンゲージメント

広告などのマーケティング手段によって顧客の注意や興味を引きつけながら企業と顧客のつながりを強固なものにするといった意味である。

ブロガーが知っていると役に立つこと

SEO的に評価される文字数について

競争が激しい目標キーワードを設定したページの文字数は3800文字以上でSEO的にはプラスになる。それ以外の記事では800文字以上でSEO的にはプラスになる。

テキストにはこうなっていますが、本当にそうなのか?という感じです。実感としては。

サチコでインデックスに登録されたページの総数を見るときに重要なこと

インデックス数が増えているかどうかだけでなく、インデックス数の増減を見ることが大事ある。万が一減っている場合には、Googleの基準にそぐわない記事があったかもしれないのでリライトをする必要がある。

タイトル、メタディスクリプション、H1の書き方で大切な7つのこと

①なるべく先頭に目標キーワードを書くようにする。

②目標キーワードが修飾語にならずに主語になるように書く。

③部分一致ではなく、完全一致になるように書く。

④単語の羅列を書くのではなく、文章になるように書く。

⑤タイトル、メタディスクリプションには目標キーワードを2回、H1には1回を目指す。

⑥1つの3大エリアには同じことは書かず、内容に変化をつける。

⑦ページごとに変化をつける

過去問に挑戦 2回目 2018年2月 東京

1時間くらい復習したので、第2回目の過去問をやっていきます。

結果

65/80

で正解でした。正答率は81%

これは、合格ですね。正答率80%で合格なのでぎりぎりですが、合格です。

ただし、7問くらいは決定打がないままに選択して正解していたので今回は運が良かっただけかもしれません。

しかし、結果は結果なのでうれしいです。

まとめ

以上で2日目は終わりです。過去問を解いたところまでやって4時間くらいですかね。

まだまだ細かいところはあるものの、合格圏にたどり着くことができました。あと一回くらい復習して、細かいところを詰めることができれば安全圏にいけると思うので、もう少し頑張ってみます。

結果として、ブログ運営をしていれば4時間程度の勉強時間でSEO検定3級の合格ラインにはたどり着くことができます。

ぜひ、力試しをしてみてはいかがでしょうか。

ブログ運営に関してはこちらに記事がありますのでぜひお読みになってください。

スポンサーリンク
プロフィール
lattemille

愛犬を愛しすぎている人に向けてのお役立ち記事を執筆中です。
愛犬におもちゃでも買ってあげようとブログを開設し、3週間でアドセンス合格、1か月で収益化達成、4か月で月間6000PV、月間ユーザー1700人、検索順位1位を記録しました。継続は力なりですね!

SNSのフォローしていただけると嬉しいです
挑戦
スポンサーリンク
SNSのフォローしていただけると嬉しいです
ラテミルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました