スポンサーリンク

【要注意】夏の早朝や夜に愛犬のお散歩で気を付ける5つのポイント

犬と暮らす

夏の昼間はお散歩に出られる気温ではないし、日中は仕事で外出しているために、早朝や夜の時間帯にお散歩に出る方も多いですよね。

今回はそんな薄暗い時間帯にお散歩をするときに気を付ける5つのポイントを解説していきます。

この記事はこんな方におすすめ

・早朝や夜にしか散歩できない

・暗い時間帯に気を付けることを知りたい

スポンサーリンク

犬は暑さに弱い

人間からは笑顔に見えるかもしれないけど、犬は実は暑くて苦しんでいることもあるかもしれないので注意が必要です。

体温調整が苦手

犬の場合は汗を流す汗腺が肉球にしかなく、口を開けて「ハアハア」と舌を出して呼吸を浅く速くして唾液を蒸発させて熱を逃すことで体温を下げています。

このアクションがあった時には、愛犬が暑がっている証拠なので、水分補給をしてあげたり、温度調整をしてあげましょう。

体感温度は40℃以上

犬は地面との距離が近いため、体感温度は人間以上に暑さを感じています。直射日光で熱せられたアスファルトは、真夏には60℃にも達するとも言われており、地面に近ければ近いほど、体感温度は高くなります。

そのため、気温が30℃の時でも、地面からわずか数十㎝の高さで犬の体感温度は気温40℃を超えると考えられています。

おすすめの暑さ対策グッズはこちらの【暑さ対策グッズ5選】愛犬を猛暑から守る機能的なおすすめグッズにありますのでご興味があればぜひお読みください。

夏のお散歩の時間帯は早朝がベスト

ベストは「早朝」です。この時間帯が一番地面が冷めているし、日も照ってはいないので、愛犬も飼い主のあなたも快適にお散歩ができます。

ベターな時間帯が「夕方以降」ですが、こちらは注意が必要です。散歩に行くときに、日が沈んだからといってすぐ外へ出てしまうと、アスファルトにこもった熱はしばらく逃げません。飼い主が素手で地面のアスファルトを触って、確かめてから行くようにしましょう。

早朝や夜のお散歩で気を付ける5つのポイント

食後すぐは避ける

食後すぐのタイミングで散歩に出てしまうと犬が眠くなり、せっかく外に出たのにあまり歩こうとしなくなるかもしれません。

さらに、 食べたもので胃が膨らみ重くなっているときに歩いたり走ったりすると、お腹の中で胃が暴れ、腸に引っかかってしまう、胃拡張胃捻転症候群になってしまうリスクがあるので注意しましょう。

交通事故に注意

辺りが暗くて周りの人からも見えづらいために自転車や車には細心の注意が必要です。

犬は背が低いため、人間の視界に入りづらく、対向車が飼い主に気づいていたとしても、足元の愛犬に気づかず接触してしまう可能性があります。

そのため、飼い主や愛犬の存在に気付いてもらえるような対策が必要です。飼い主と愛犬との間にあるリードに自転車がひっかかり、犬がひきずられてしまうなんてこともあるので、リード自体も遠くから見えるような工夫をしましょう。

Amazon | 犬猫用ペンダントライト 夜間散歩 LaRoo 犬の安全のために キラキラ光るリング シリコン 簡潔 軽い 超小型犬~超大型犬に対応 ペット用品 | LaRoo | 名札・IDタグ 通販
犬猫用ペンダントライト 夜間散歩 LaRoo 犬の安全のために キラキラ光るリング シリコン 簡潔 軽い 超小型犬~超大型犬に対応 ペット用品が名札・IDタグストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

排泄の後始末をしっかりと

薄暗い時間帯なので、犬の様子をちゃんと見ていないと排泄の瞬間を見逃してしまうかもしれません。

愛犬の排泄を路上に放置するという行為は、法律で禁止されているのみならず、住人の気持ちを逆なでしてトラブルの原因にもなってしまうので注意を払いましょう。

後片付けに必死で、リードを緩めてしまうと思わぬ事故につながるので、リードは短くして、手元から離さないように気を付けましょう。

雨上がりすぐは注意

雨上がりすぐは湿度が高く、上記にもある通り、犬は体温調整が苦手なため湿度が高いと呼吸による体温調整の効率が下がってしまいます。

湿度が高い時は、気温が高い時と同様の熱中症リスクがあるということを理解しましょう。

拾い食いをさせない

薄暗い時間帯は、道に落ちているものに愛犬より早く気づくのはなかなか難しいものがあります。

しかし、石やゴミなど、落ちているものを食べてしまったために、胃に残ったり腸に詰まったりしてしまい、最悪手術になってしまうこともあります。

できるだけ、足元が確認しやすい道を選ぶなり、ライトで照らすなりをして、愛犬の安全を守ってあげてください。

まとめ

以上で、夏の早朝や夜に愛犬のお散歩で気を付ける5つのポイントを解説してきましたがいかがだったでしょうか。

熱中症も肉球のやけども散歩中の事故も、飼い主がしっかり気を付けていれば防ぐことが可能です。夏でも安全に快適な愛犬とのお散歩を楽しんで下さい。

スポンサーリンク
プロフィール
lattemille

愛犬を愛しすぎている人に向けてのお役立ち記事を執筆中です。
愛犬におもちゃでも買ってあげようとブログを開設し、3週間でアドセンス合格、1か月で収益化達成、4か月で月間6000PV、月間ユーザー1700人、検索順位1位を記録しました。継続は力なりですね!

SNSのフォローしていただけると嬉しいです
犬と暮らす
スポンサーリンク
SNSのフォローしていただけると嬉しいです
ラテミルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました